2009年7月アーカイブ

ウッドデッキ工事完成! ②

| コメント(0) | トラックバック(0)

いよいよウッドデッキが完成いたしました!

nishiyama yoshihiro 800x600 4.jpg

nishiyama yoshihiro 800x600 5.jpg

nishiyama yoshihiro 800x600 6.jpg

こんな仕上りになりました。

今回のウッドデッキ材料はレッドシダー材です。

見た目の通り建物が輸入住宅のため、レッドシダー材が最適の材質選択だと思います。

材質そのものの木目や節などが見え、素材の温かさが強調されて凄く良い出来上がりとなりました。

ウッドデッキの床の塗料はVATON(大谷塗料)グレー色で、見た目は色が薄いようにも感じられますが紫外線により少しずつ色が出てきます。

フェンス部分のお色は、お客様指定の木材用の水性塗料で仕上させていただきました。

 レッドシダー材のデメリット部分でもある水の吸水率を少しでも緩和させる為、ウッドデッキ下の部分にコンクリートを打ち込、その上にウッドデッキを施工いたしました。

ナチュラルウッド系の場合、どうしても土壌からの湿気にて材木が駄目になっていくのがほとんどです。古くなったウッドデッキを解体した時なども床根太部分の腐れ方が一番ひどく少しでも湿気等を防ぐ為にもコンクリートを打ち込み施工といたしました。

 

ウッドデッキ材の特徴!

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日のブログでの中で、少々ウッドデッキ材の話にふれた際、次回の機会にもう少し詳しくご説明いたしますと宣言しておりましたのでここで話にふれていきたいと思います。

話のさわりとして繰り返しになるかもしれませんが、ウッドデッキ材の使用材料としまして大きく分けて3種類程度に分類されると思います。

1.人工ウッド系(木樹脂系)→プラスチック50%+材木の粉50%の混合材

2.ハードウッド系(アイアンウッド系)→イペ・ウリン・ジャラと呼ばれている材

3.ナチュラルウッド系→サイプレス・セランガンバツ・レッドシダーと呼ばれている材

上記のように分けられ、分類別の中でも数字で見ていただきたいと思います。

 

2.ハードウッド系

 イペ材→(比重)1.2 (圧縮強度)920 (曲げ強度)1770→赤褐色の灰汁が出ます。

 ウリン材→(比重)1.04 (圧縮強度)910 (曲げ強度)1880→黒褐色の灰汁が出ます。

3.ナチュラルウッド系

 サイプレス(檜)材→(比重)0.72 (圧縮強度)540 (曲げ強度)800

 セランガンバツ材→(比重)0.94 (圧縮強度)700 (曲げ強度)1330

 レッドシダー材→(比重)0.33 (圧縮強度)   (曲げ強度)540

このようになります。

比重と言うのは、水を1として考えた場合、数字で見るとハードウッド系は水より重くナチュラルウッド系は水よりも軽いという事になります。

水よりも重いと言う事は、水からの浸透圧や吸水率が少ないと言う事で、材料自体の経年変化率も少なく長持ちするという事の目安になります。

ナチュラルウッド系は、ハードウッド系とは対象的な数字ですので、経年変化などは大きく、材料自体を守る役割として、材料にウッドデッキ材専用の塗装(VATON)などを塗布し、表面保護をしております。

経年変化率から言いますと、人工ウッドがほとんど変化がなく(たまにヒビ割れなどもおきるそうです)、順に、ハードウッド・ナチュラルウッドとなるでしょう。

個々に色々な特徴がございますので、デザイン側の方に色々聞かれると教えていただけると思います。金額面やお家のデザイン性にあうものを色々相談していただいて御使用されてみて下さい。

 

ウッドデッキ工事 ①

| コメント(0) | トラックバック(0)

久々のブログ更新になりまして大変申し訳ありません。

今回は、ウッドデッキ工事のご紹介をさせていただきます。

まずは現場着工前のお写真をご覧ください。

nishiyama yoshihiro 800x600 1.jpg

nishiyama yoshihiro 800x600 2.jpg

nishiyama yoshihiro 800x600 3.jpg

ウッドデッキの制作場所は1枚目の写真にてお分かりになるかと思いますが、履き出し窓の前に制作を予定しております。

写真を撮っている位置が外用門扉になるのですが、この位置より履き出し窓の内部が見えないようにウッドデッキの一部にフェンスを作製依頼と、3枚目の写真にて既存のフェンスが有り、このお色の塗り替えの工事内容です。

まず、今回のウッドデッキの材質なのですが、建物が輸入住宅という事もあり、レッドシダー材にて決定いたしました!

ここで、材料の選択で大きく分けて3種類の分別になるかと思います、人工ウッド(木樹脂)・ハードウッド(ウリン・イペ・ジャラ)・ナチュラルウッド(レッドシダー・サイプレス・・・・・・・SPF?)この材質の選択により色々な特徴がありますが、個々の特徴については別の機会にてご紹介させていただきたいと思います。

今回はレッドシダー材の施工になりまして、その施工の前段階にデッキ下のコンクリートを施してからのウッドデッキ工事となります。

フェンス部の塗り替えに関しては、木部用水性塗料を使用しての塗り替えになります。

完成写真はまたここでご紹介いたしたいと思います。

その他の木工事などもご覧下さい。中々見られない施工などもございます。

上記写真のカテゴリートップはこちらです→http://www.various-gardens.com/ex02.html

 

ヴァリアスガーデンズ

ヴァリアスガーデンズ公式サイト

カテゴリ

リンク