2009年10月アーカイブ

リフォームガーデン(リ・ガーデン)が完成いたしました!

現場着工前写真にて「見せるお庭」としてデザイン決定をし、このデザインを考えるにあたって一つのキーワード「壁」と言う存在をどうにかしてみたいと思った事と、お客様の御要望による、植物の葉の手入を簡単にしたいとの事で作庭いたしました。

まずは下記完成写真をご覧ください!

tsutsui hiroyuki 5 800x600.jpg

tsutsui hiroyuki 6 800x600.jpg

tsutsui hiroyuki 7 800x600.jpg

tsutsui hiroyuki 8 800x600.jpg

上記のように完成いたしました!

キーワードの「壁」からは、水が湧き出ている雰囲気を出してみました。

例えば、壁に蛇口を付けても水が出てきているイメージとなり、壁の手前にレンガ等で円形に積み上げ、井戸から水が溢れでていると言うイメージにもできます。

写真上で水のイメージとして代用しているのが化粧砂利・ゴロタ類です。

この化粧砂利はお客様所持の余っていた砂利で、「何処かに使えないかな?」との、ご依頼がありこのように使わさせていただきました!この砂利が「水」と言うイメージにピッタリで、お客様からまた一つ教わった感じで一つ引き出しが増えました!

 

オレンジ色に見えるのはタイルで、玄関・アプローチで使用しているタイルと同じ物を使い、視覚的に広さを出しております。

植物の周りにテラスっぽくタイル貼りを設け、お客様の悩みでもありました植物の葉の掃除もホウキとチリトリにて出来少しは楽になったと思います。

 

今回は御予算の都合もありましたので植栽・植物までは出来なかったのですが、お客様がとても植物がお好きなようで、色々アドバイスをさせていただきご自分で植えられるとの事でした。

この雰囲気ですと、水辺の植物系が良いと思います!(出来れば植物まで・・・・・)

 

お客様が造り上げた植物の植込みも出来上がり次第拝見しに行こうかと思っておりま~す!楽しみで~す!

 

次回は外構・エクステリア工事になります!またご覧ください。

 

施工費用  33万円

施工期間  実動8日間

施工内容  既存芝部分鋤取り処分  タイル部分下地鋤取り残土処分  

        花壇自然石積み(コッツワルド)  300角タイル下地砕石・コンクリート打ち

        300角タイル貼り  アイアンウッド橋  フラワーポット周り小端石積み

         ゴロタ・化粧砂利水の流れ造り  花壇・スリット部分客土                 

先日のブログにもお書きいたしました通り、今回はリフォームガーデン(リ・ガーデン)の作庭プロセスをしばらく書かせていただきます。

まず、現場着工前の写真をご覧ください!

tsutsui hiroyuki 1 800x600.jpg

tsutsui hiroyuki 2 800x600.jpg

tsutsui hiroyuki 3 800x600.jpg

tsutsui hiroyuki 4 800x600.jpg

今回のお客様テーマは「今現状の芝を何とかしたい!」との御相談内容にてスタートしました。

お客様と打合せをさせていただき、ファーストプランとしてのテーマを「使い勝手重視」をベースに御提案させていただきました。が・・・・・・・・?

少々ニュアンスが違うようでした。

そこで考え方を変え、テーマを「見せるお庭」としてのデザインに切り替え御提案させていただきました所、こちらのテーマデザインにて作庭依頼を受け進行していく事になりました!

この「見せるお庭」のデザインを考えるポイントとして、お写真でも分かると思いますが、道路よりお庭を見た時、門塀となっている壁がかなり気になったのでこの壁をうまく利用したいと思いデザインを考え始めました。

キーワードは「壁」です!

後日、完成写真もUPいたしますので是非ご覧ください!

 

変身させてます!②

| コメント(0) | トラックバック(0)

だいぶお話がとんでしまいましたが、先日のホームセンター展示場変身の続きをご覧ください。

下記アドレスは着工前写真です。下記と比較しながらご覧ください!

http://www.various-gardens.info/blog/2009/10/post-57.html

 

tomizu 4 800x600.jpg

tomizu 5 800x600.jpg

tomizu 6 800x600.jpg

tomizu 7 800x600.jpg

tomizu 8 800x600.jpg

上記のように完成いたしました!

基本はコストをなるべくかけないようにデザインし施工いたしました。

一番目立つのがベンチですかね。こちらは現場制作のベンチなのですが、休憩場所としてかなり役にたっているみたいです。この上部に現在制作している看板を取り付けて完了となります。

出来る限りホームセンター商品にて造り上げ、植栽・植物もこちらの商品を出来る限り使用し作庭しました。

 

 

興味のある方は下記お庭のリフォームもご覧ください。

http://www.various-gardens.com/ex07.html

 

 

次回のお題は、現状芝部分をどうにかしたいとの事で始まりました現場を、どう変身させるかのプロセスをお伝えしていきますので是非ご覧ください。

少しですが内容をお話しますと、いかにも壁から水が出ているかのように・・・・・・・?????となっています。

 

 

 

介護用補助具機具制作してます。③

| コメント(0) | トラックバック(0)

補助器具完成いたしました!

下記出来上がり写真をご覧ください。

hara kiyoshi 800x600 7.jpg

hara kiyoshi 800x600 8.jpg

hara kiyoshi 800x600 9.jpg

hara kiyoshi 800x600 10.jpg

hara kiyoshi 800x600 11.jpg

このリフトは、電動車イスを乗せ、階段上部まで上下げ出来るようにいたしました。

リフトを上げるさいには写真最後の銀色取っ手部分下にある黒いレバーを足にて踏んでいただき、油圧にてこのリフトが上がっていくシステムになっており、下げる時には銀色取っ手レバーの直ぐ下にある頭が丸いフタみたいなものを反時計周りにまわしていただければ油圧が解除されリフトが下がるシステムとなっております

リフトを上がり、ステンレスの手摺も片側が支持点になっており、片手で上にあげればバーが上がるように工夫いたしました。

 

※市により介護助成金制度がございます。こちらの器具等があてはまるかは異なりますのでお客様それぞれ御確認下さい。

今回のケースは手摺部分のみの対象でした!

 

器具 ¥23万円

器械加工付属品加工 ¥17万円

取付 現場状況によります。 ¥4万円~

介護用補助具機具制作してます。②

| コメント(0) | トラックバック(0)

引き続きこないだの続きになりますが、既存の階段や植物を撤去し新規に階段を作製しました施工中写真になります。

hara kiyoshi 800x600 4.jpg

hara kiyoshi 800x600 5.jpg

hara kiyoshi 800x600 6.jpg

階段はこのようにブロックにて作製しました。コスト的にも安く出来、経年変化もない為この仕様の階段にいたしました。このブロックのままの仕上なのですが、床面にはタイルを貼ったり、壁面にタイルや塗りものを施工したりできます。

使用上は今の現状のままでも充分に機能いたしますのでこの段階にて仕上とさせていただき、本来の目的である「奥様の電動車イスの担ぎ上げ下げを何とかしたい」を主旨として考えております。

階段の左脇にブロックにて細工されているスペースに器具を設置予定しております。

近いうちに完成写真をUPいたしますので、お手数でなければこのブログを覗いてみてください!

介護用補助具制作してます。

| コメント(0) | トラックバック(0)

まず現場着工前写真をご覧ください。

hara kiyoshi 800x600 1.jpg

hara kiyoshi 800x600 2.jpg

hara kiyoshi 800x600 3.jpg

現況このような状況になっております。

建物への接道路が敷地路盤よりも高い位置にある為、毎日の生活を外出するにあたって階段の上り下りをしなければならない状況だそうです。しかも旦那様が少々足が悪く、車イスを使う事もしばしばあるそうで、その為に今現状、奥様が旦那様の電動車イスを奥様が担いでこの階段を上り下りしていて奥様の体も大変きつい状況ですので何とかしたいとの御依頼でした!

自分の中での構想内容は、まず、朽ちて落ちそうな鉄骨階段を新しくし、階段部分の補助として手摺をつけ、最大のテーマ「奥様の電動車イスの担ぎ上げ下げを何とかしたい」をどうにか今現況よりもとにかく楽にしてあげたいを目標に考え始めました。

まず、この電動車イスを最上階段までどの様に上げるかを考え始めました。何かを造って階段上部より吊り上げる機構内容下からの上げるタイプの機構内容かの2通りの案が浮かび、この制作案をおなじみの鉄骨屋さんに相談を持ちかけ色々な機構相談・構造アドバイスを頂きやっと制作段階まで行き着きました。

次回は、階段制作の状況、そして製品完成という流れでご覧いただきたいと思っております。最終製品取付完成には、この製品自体の金額もお知らせいたしますので御参考や、是非、制作したいとお思いの方がいらっしゃれば御連絡下さい。

 

 

 

保証?

| コメント(0) | トラックバック(0)

メーカーさんが外構・エクステリア工事の決めセリフとして良く使う言葉があります。

「他業者さんは保証はありますか?」

と、外構・エクステリア工事を決める段階で言われた事があるかと思う方もいらっしゃると思います。

 

これはわれわれ業者からすれば??????

お客様からすればお家もたてていただいたメーカーさんですので、安心は安心なのですが、メーカーさんの殆どは打合せなり・お図面なり(デザイン)・お見積なども業者まかせが多く、上記の保証と言う面でも結局は業者まかせが現状です。

といった面から考えても、外構・エクステリア工事業者を新たに探すのは労力がいるのでそこまでは・・・・と言う方以外は、業者さんへ直接お打合せをして御提案やお見積り・お図面をいただいた方がコスト面や話の伝わりかたにもメリットがあると思います。

 

今の時代、変な業者の方が少ないと思います。大体の業者さんは責任施工で自身をもって施工しておりますので問題は無いと思います。

労力は少々かかりますが是非低コストで良い外構・エクステリア・ガーデン・リ・ガーデンなどを検討されておられる方は業者さんに御相談してみてください。

 

高い?安い?

| コメント(0) | トラックバック(0)

新築外構工事・リフォーム外構エクステリア工事・お庭リフォーム(リ・ガーデン)工事には当然、見積工事価格と言うものが出てきてから契約・着工と言う流れに一般的にはなっていると思います。

この見積工事価格をどこの段階で出してもらうかにもよって数字は異なるでしょう。

大まかに分けて例えば、職人さんに直接お願いをして出していただくお見積り、もしくはデザイナーさんに出して頂くお見積り、ハウスメーカーさんに出していただくお見積りとでは当然金額の差は出てきます。その差は中間業者が入れば入る程業者のマージン(利益)が計上される為にどんどん高くなるわけです。

ここでそれぞれのお見積りをしていただく段階でそれぞれ特徴がございます。

1.例えば職人さんにお見積りを出していただく特徴といたしましては、金額面はおそらく安い側の方に入りますが、工事内容や安全・安心といった意味で少々不安が出てくる場合がございます。工事内容の図面などや御提案といった事が不得意分野になり、どうしても職人さんのやりやすい方向になりがちでもうひと工夫が欲しい所がでてきます。

2.デザイナーさんにお見積りを出していただく特徴といたしましては、金額面では高くもなく普通だと思います。職人さんの直接のお見積りに比べては少々お高いかもしれませんが、工事内容のお図面や御提案に関しては発注者(お客様)側にとって機能的であったり・デザイン性に富んでいたりしてプラス面が多いと思います。

3.ハウスメーカーさんのお見積りを出していただく特徴といたしましては、おそらく繋がりだと思います。決して金額面では安いとは絶対に言えません。なぜなら、先程も書かせていただきましたが、中間業者のマージンがキーワードになるでしょう。

オオソドックスに3例のうち何処の段階でお見積りをするかによって金額は変わりますが、そのお見積金額が高いか安いかはお客様の主観が入りますので最終的にはお客様が納得いきまして契約・工事となり、完成すればOKだと思います。

客観的には1~3の様に分けた内容が特徴的ですので、是非参考にしていただきながらお見積り・工事内容共御検討してみたください!

変身させてます!

| コメント(0) | トラックバック(0)

とあるホームセンターのガーデン・エクステリア展示場の模様替えをしております。

tomizu 1 800x600.jpg

tomizu 2 800x600.jpg

tomizu 3 800x600.jpg

必要な部分のみ残し、これから解体作業に入る所です!

残すのはプレハブぐらいかな・・・・・・・

どのように変身するかは、またこちらで御紹介させていただきます。

 

お写真にてお分かりになる方はお立ちより下さい。

ヴァリアスガーデンズ

ヴァリアスガーデンズ公式サイト

カテゴリ

リンク