2010年11月アーカイブ

リフォーム外構工事②

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日の続きをご覧下さい。

リフォーム外構工事の完成写真です!

IMG_0029_1 800x600 4.jpg

IMG_0030_1 800x600 5.jpg

IMG_0037_1 800x600 6.jpg IMG_0028 800x600 7.jpg

IMG_0030 800x600 8.jpg

まず、既存のウッドデッキ(レッドシダー材)を解体し、既存の替わりとなるテラスを300角タイルを用いてデザインし、そのテラス形状にも少々こだわり、段鼻部分を曲線を用いて門塀スペースと植栽スペースを確保しました。

テラスの形状を既存のデッキ形状みたいに長方形ですと、門塀のスペース・植栽スペースが確保できないのと、ここに門塀がある必要性があったのでこのようなデザインにいたしました!

その必要性とは、外部者が門塀を目指してインターホンを押しにくるのですが、この門塀と植栽スペースが無ければ、吐き出し窓部分が外部者から丸見えになってしまいますので、その目隠しのファクターとなっております。

完成予想として、シンボルツリーを門塀後ろに配植し、その脇のスタッドにはつる性植物にてからませ、密生度を高めてシェードの壁を造り、目隠しの壁として役割をはたすデザインにいたしました。

門塀後ろには照明もありますので、門塀後ろからスクリーンブロックを抜け灯りがこぼれてくるのと、シンボルツリーも下から照らされ、柔らかい光となってまわりの空間を和ませてくれます。

 

隣棟間のフェンスは、ステンレスの柱を既存ブロックに埋め込み、上部よりH1000ぐらいをウリン材と呼ばれているとても硬く腐りにくい材料で製作いたしました。

 

今回は植栽工事は別途なのですが、また、夜景部分の写真もご紹介いたします。

製作費等は、後日またここでお伝えしたいと思います。

 

 

リフォーム外構工事①

| コメント(0) | トラックバック(0)

ご無沙汰いたしました!

 

今回のご紹介はリフォーム外構工事です。

 

既存の枕木門柱や、お施主様が作った、境界部分のウッドフェンスウッドデッキを解体し、新たに作り直しの施工となります。

 

下記写真は着工前写真です!

IMG_0028 800x600 1.jpg

IMG_0023 800x600 2.jpg

IMG_0021 800x600 3.jpg

こんな感じの現況です。

 

ここからどのように変わるかは後日ご紹介いたします。

 

 

ヴァリアスガーデンズ

ヴァリアスガーデンズ公式サイト

カテゴリ

リンク