④.-①外構工事「オープンスタイル」完成の最近のブログ記事

新築外構工事完成写真①(大和市)

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日の新築外構工事の着工前写真の続きです。

で、今回は完成写真となります。

まずご覧下さい。

cyuourinkan_h③.jpg

cyuourinkan_h④.jpg

cyuourinkan_h⑤.jpg

cyuourinkan_h⑥.jpg

この様に出来あがりました!

 

建物の雰囲気に合わせ、外構工事で使用する色の数も、建物と同じ数以下にし、メインの門塀が違和感なく存在するデザインにいたしました。

また、当初よりアプローチとからむスペースには自転車置場の御要望があり、最終案として、このように300角タイルを使い、アプローチと自転車スペースの領域を視覚的に分け、尚且つ、自転車が乗り入れしやすいように段差を無くし、スロープ状に仕上ました。

 

今回の施工範囲

駐車場部分・門塀部分・アプローチ・自転車置場・建物周り砂利敷き

 

施工日数

約10日

 

工事金額

¥450,0000ー

 

となります。

 

次回は、玄関までのアプローチ部分を一変させます。

 

外構・エクステリア工事完成!

| コメント(0) | トラックバック(0)

完成写真UPしました!

800x600 ③ IMG_0334.jpg

800x600 ④ IMG_0331.jpg

800x600 ⑤ IMG_0333.jpg

道路とアプローチがかなり近いのと、アプローチ脇が駐車場と言う事で、その部分も車を乗り入れるスペースとして利用し、単一にてアプローチとしてとれないので素材を分ける事によりアプローチとしての強調をしてみました。


コスト的な事も考え、化粧ブロックをメイン構造として用いて、ご要望でもありましたガラスブロックなども使用しながらのデザインとなりました!

ガラスブロックの壁裏は自転車置場となっており、この壁により自転車が道路側へ飛び出さないようにという意味も含まれております。

 

工期 約 10 日 間

工事内容 駐車場コンクリート アプローチ自然石貼り 門塀化粧ブロック ポスト 

               表札 インターホン 自転車置き場化粧ブロック 道路見切り縁石

工事金額 約 60 万円 

 

外構・エクステリア・ウッドデッキ工事が完成いたしました!

 

IMG_0453 原田修様邸 210×135 ①.jpg

IMG_0454 原田修様邸 210×135 ②.jpg

IMG_0452 原田修様邸 210×135 ③.jpg

 

ウッドデッキレッドシダー材(米杉)を使用し、ウッドデッキ専用塗料にて塗装いたしました。

ポスト下地材で使用しているスタッド材木はアイアンウッドと呼ばれているウリン材を使用し土中部分はコンクリートにて根巻をして固めております。そのスタッド上にポスト表札を取付門塀としました。

ポストのオレンジ色はビビットカラーとなりアクセント色となりポストとしての存在引きだします!

レッドシダー材のメンテは出来れば1年に1回は塗装していただくとより使用年数が延びると思います。

レッドシダー材アイアンウッド(ウリン)の違いは沢山ありますが、見た目はそんなに変わりませんが、まず重さが違います。レッドシダーですと水に浮きますので比重が1以下になり、アイアンウッドですと1以上ですので水に沈んいきます。水に沈むので当然水よりも重くなり材木の密度が高いので堅くもなり、堅いと言うことは吸水率が小さいので腐りにくい材木と言う定義になります。

値段に関しては、レッドシダー材よりアイアンウッドの方が高価になります。およそですが1.3~1.5倍前後だと思います。施工費の方もレッドシダー材よりも1.5倍ぐらいはかかります。なんせウッドデッキ材を止めるビスの下穴を全て開けてからビスを打ちこまないとビスが全て折れてしまい仕事になりません。そう言うわけで施工費も高くなる要因です。

トータルで言うと金額面で言うとレッドシダーより1.5倍前後高価になりますが、経年変化・耐久年数を比較すると、アイアンウッドの方がレッドシダーの2倍は長持ちすると思います。

テクスチャーとしての使い分けは、レッドシダー材の方が洋風デザイン向きで、アイアンウッドの方は、和風・モダンデザインの合うと思います。

 

工期 約 5 日 間

工事内容  自然石平板 ウッドデッキ(レッドシダー材) ポスト 表札 建物周り防

                 草シート及びビリ砂利敷き 建物裏コア抜きフェンス取付

工事金額 約 66 万円 

 

ヴァリアスガーデンズ

ヴァリアスガーデンズ公式サイト

カテゴリ

リンク