④.-⑪ウッドデッキ工事(レッドシダー材)施工中・完成の最近のブログ記事

外構・エクステリア・ウッドデッキ工事が完成いたしました!

 

IMG_0453 原田修様邸 210×135 ①.jpg

IMG_0454 原田修様邸 210×135 ②.jpg

IMG_0452 原田修様邸 210×135 ③.jpg

 

ウッドデッキレッドシダー材(米杉)を使用し、ウッドデッキ専用塗料にて塗装いたしました。

ポスト下地材で使用しているスタッド材木はアイアンウッドと呼ばれているウリン材を使用し土中部分はコンクリートにて根巻をして固めております。そのスタッド上にポスト表札を取付門塀としました。

ポストのオレンジ色はビビットカラーとなりアクセント色となりポストとしての存在引きだします!

レッドシダー材のメンテは出来れば1年に1回は塗装していただくとより使用年数が延びると思います。

レッドシダー材アイアンウッド(ウリン)の違いは沢山ありますが、見た目はそんなに変わりませんが、まず重さが違います。レッドシダーですと水に浮きますので比重が1以下になり、アイアンウッドですと1以上ですので水に沈んいきます。水に沈むので当然水よりも重くなり材木の密度が高いので堅くもなり、堅いと言うことは吸水率が小さいので腐りにくい材木と言う定義になります。

値段に関しては、レッドシダー材よりアイアンウッドの方が高価になります。およそですが1.3~1.5倍前後だと思います。施工費の方もレッドシダー材よりも1.5倍ぐらいはかかります。なんせウッドデッキ材を止めるビスの下穴を全て開けてからビスを打ちこまないとビスが全て折れてしまい仕事になりません。そう言うわけで施工費も高くなる要因です。

トータルで言うと金額面で言うとレッドシダーより1.5倍前後高価になりますが、経年変化・耐久年数を比較すると、アイアンウッドの方がレッドシダーの2倍は長持ちすると思います。

テクスチャーとしての使い分けは、レッドシダー材の方が洋風デザイン向きで、アイアンウッドの方は、和風・モダンデザインの合うと思います。

 

工期 約 5 日 間

工事内容  自然石平板 ウッドデッキ(レッドシダー材) ポスト 表札 建物周り防

                 草シート及びビリ砂利敷き 建物裏コア抜きフェンス取付

工事金額 約 66 万円 

 

ヴァリアスガーデンズ

ヴァリアスガーデンズ公式サイト

カテゴリ

リンク