①.外構・エクステリア工事の注意点!の最近のブログ記事

隣棟間境部分のブロック積み?

| コメント(0) | トラックバック(0)

土地を購入する際に気をつけて見ていただきたいのが、隣地堺部分のブロック積みの位置です!

その位置とは、隣地境界部をブロックがまたいで(折半)積んであるか、隣地堺部分のどちらかの敷地内に入って積んであるかの2種類あります。

前者の方ですと、その境界ブロックの所有といたしましてはお隣さんと折半の所有になり、例えばフェンスを付ける際にもお隣さんとの協議の上何かをしなければなりません。後者ですと、例えば自分の敷地側にブロックが入っていればそのブロックに何かしようとしても自分の所有ですのでおとなりさんとの協議は必要になりません。(特別大きな事をしない限りは!)

上記の2つの違いは購入時にはそんなに気にはならないのですが、折半所有の場合、お隣さんとのお付き合いの仕方によってはトラブルの元になる事があり、これが代が替(息子さんや娘さん)わった時にお家を建て替えなどにもかなり影響される事もあります。

こういったトラブルは私自身何度も経験しており、お客様の施工依頼で隣地堺部分に何かをしようとした時に施工が出来なく中止になってしまうケースも多々ございますので、出来れば土地を購入の際には、その隣棟間のブロック積みは、自分の所有地側か、お隣さん側の所有部分に入っている折半ではない区画割りの所をお勧めいたします

ヴァリアスガーデンズ

ヴァリアスガーデンズ公式サイト

カテゴリ

リンク